口臭対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

>

 

口臭の原因

 

 

加齢臭を昂進(悪化)させる原因や、様々な口臭の要因とは

口臭は加齢臭の一つでもある。加齢臭の正体はノネナールという酸化した皮脂に含まれる化学物質の匂いである。また、加齢によって新陳代謝が低下し、汗や古くなった頭皮・皮膚などの老廃物が滞ることで発生する『腐敗臭』も加齢臭の一種だという。

 

 

口臭の主な原因と口内環境の重要性。舌苔(ぜったい)の弊害とは

口臭とは、『吐く息に異常が見られ、不快なにおいのあること』と定義づけられる。体臭と同じで、口臭も年齢とともに変化していく。

 

  • 1:舌苔が溜まれば口臭がする。舌苔のケアとアルカリ性の食事で対策を!
  • 2:食後すぐに歯磨きやうがいをすると、水分不足になり口臭を招く?
  •  

     

    口臭予防の歯磨き剤。ストレスとゆすぎによる唾液の枯渇が招く弊害

    歯磨き剤は様々な成分でできているが、この中の『泡』を発生させる『ラウリル硫酸ナトリウム』という成分には、舌の表面を乾燥させてしまう作用がある。

     

     

    酒、お茶、コーヒー、ジュース、炭酸飲料で口臭になる理由とは

    『ストレス』を負うと、人間というものは『口臭の主な原因と口内環境の重要性。舌苔の弊害』にも書いた様に、交感神経が優位になり、分泌液が減る結果となる。口や鼻の粘膜を守る粘液も唾液も減る。

     

     

    煙草のニオイはそれだけで臭い。歯周病が更なる口臭を生む

    口臭を持っている人の大半がこのタイプだ。歯周病は、歯を支えている歯周組織(歯茎や骨)が徐々に侵されていく病気で、歯茎から膿が出ると言う意味で、かつては『歯槽膿漏(しそうのうろう)』と呼ばれていた。

     

     

    口臭の最大の原因は『歯周病と虫歯』

    口臭を持っている人の大半がこのタイプだ。歯周病は、歯を支えている歯周組織(歯茎や骨)が徐々に侵されていく病気で、歯茎から膿が出ると言う意味で、かつては『歯槽膿漏(しそうのうろう)』と呼ばれていた。

     

  • 1:口臭の最大の原因である虫歯は、唾液の成分の関係でなりやすさが違う?
  • 2:口臭の最大の原因である歯周病は、虫歯になりにくい人がなりやすい?
  •  

     

    歯周病は口臭以外にも様々な病気を引き起こす!?

    歯周病菌や歯周病の炎症によって産生されたさまざまな物質が、『菌やウイルスが血管から送り込まれて病気になる』に書いた様に、血液の流れに乗って体のすみずみまで運ばれ、それが弊害を引き起こすのだ。

     

  • 1:歯周病は口臭以外にも糖尿病や狭心症・心筋梗塞を引き起こす?
  • 2:歯周病は口臭だけじゃなく、動脈硬化や脳梗塞・脳出血を引き起こす?
  • 3:歯周病は口臭以外にも、骨粗しょう症や誤嚥性肺炎を引き起こす?
  •  

     

    歯周病と女性と女性ホルモンの関係性とは

    歯周病菌は女性ホルモンを栄養源とするため、ある時期には女性は歯周病が進行しやすい傾向がある。特に妊娠中は女性ホルモンが大量に分泌され、唾液の中にも溶け込んでいるため、歯周病のリスクが一段と高まる。

     

     

    ケアしても改善されない口臭の原因は病気のサイン?

    他人の口臭は気になるのに自分の口臭には気づいていない、そんな人もいるかもしれません。口臭がすると、なかなか他人には伝えづらいものがあります。周囲の人を不快にさせないためにも口臭は自分で気づき、正しい口臭ケアをするのがエチケットだといえるでしょう。

     

     

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    ワキガ

    ワキガ

    ワキガのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP