口臭対策のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >  >

 

朝起きた時の口臭の正体は、スプーン一杯の大便と同じ量の細菌の仕業!

 

質問

朝起きた時の口臭の正体は、スプーン一杯の大便と同じ量の細菌の仕業って本当?

 

答え

本当です。寝ている間は唾液が出ないので、細菌たちの繁殖が盛んになるのです。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

朝起きたときの口臭は、実は全員があるんだ!『全員』なんだから、ちょっと安心はするよね!自分だけじゃないっていう。でもどうしてなんだろう?詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • 1:朝起きたときの口臭の正体
  • 2:口の中にいる細菌たち
  • 3:よく噛んでよく唾液を出す
  • 4:スプーン一杯の大便
  • 5:賢い人は胃酸の力を利用している
  •  

     

    目次

     

     

    朝起きたときの口臭の正体

     

    口臭は、口のなかに食べ物のカス(歯垢)が残り、そこに細菌が繁殖することで起こる。食後や夜寝る前の歯磨きだけで口の中の食べかすを一掃することはまず無理で、その証拠に、朝起きたら強い口臭が残っている。

     

    しかし、普段から唾液をよく出すようにしていれば、唾液に含まれるリゾチームやラクトフェリンなどの成分が、口臭の原因となる細菌を退治してくれるのである。これが抗菌作用である。

     

    口は直絶外界に接している。人の体は皮膚という防護壁で守られているが、口だけはその防護壁がない。したがって、多くの細菌やウイルスは口を通して体内に入るが、免疫機能により退治され、体の中で増殖して悪さをすることなく、肛門から排泄されていく。従って、体内で最も細菌が多く棲むのは、口の中だということになる。

     

    口臭対策

     

    ニワトリ

    朝起きたときに口臭がするのは、口の中に磨き残しの食べ物のカスなんかが残っていて、それで細菌が繁殖してしまってるからなんだね!僕も前、同棲していた彼女に『俺、口臭あるかな?』って聞いたら、『まあ、朝は誰でも口は臭いからね』と言われて、ショックだったことを覚えてるよ!

    ぴよぴよ(どういうことっすか)?

    つまり彼女は遠回しに『確かに臭いね』って言ったんだ!自分では気づかないことだったから、自分に対する屈辱的な思いと、彼女に対する無礼な行為をしてしまっていたことのダブルパンチを食らって、口臭対策を徹底するようになったよ!

    ぴよぴよ(今考えれば、いい教訓だったっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 口臭は、口のなかに食べ物のカス(歯垢)が残り、そこに細菌が繁殖することで起こる。
  • 食後や夜寝る前の歯磨きだけで、口の中の食べかすを一掃することはまず無理。
  • 普段から唾液をよく出すようにしていれば、口臭の原因となる細菌を退治してくれる。
  • 体内で最も細菌が多く棲むのは、口の中。
  •  

     

    口の中にいる細菌たち

     

    口の中にいる細菌は大きく分けて、以下の4つに分けられる。

     

    口の中にいる細菌
  • 口腔常在菌
  • 日和見菌
  • 歯周病菌
  • 虫歯菌
  •  

    口臭や歯周病菌の原因菌は、夜間の就寝中に活発に増殖する。睡眠は自律神経の支配下にあり、夜間の就寝中は自律神経のうち副交感神経が優位になっている。そうすると、睡眠中というのは体にとって『休息モード』だから、唾液の分泌もほとんど行われないのだ。その為、口に残った食べかすに細菌が繁殖し、朝起きた時に口臭が発生するのだ。

     

    更に、食事で酸性になった口腔内がなかなか中性の状態に戻りにくくなるため、歯が溶け始め、睡眠中には虫歯になりやすい。虫歯はイオウのような特有のニオイを発生し、特に進行した虫歯や歯肉の炎症が進んだ歯は、かなりきつい口臭を伴うようになる。

     

    口臭対策

     

    ちなみにこの『休息モード』だが、これは睡眠中だけではなく、『黙り込んで口を閉じている』だけでもそれに該当する。黙り込んで口を開かないと、唾液の分泌が低下し雑菌が繁殖しやすくなり、臭いが増していく。

     

    ニワトリ

    人間のモードは『臨戦モード』と『休息モード』とに分かれるわけだけど、それぞれに特徴があるんだ!前者は常に前向きかつ活発でいられるけど、率先してリラックスをしなければ、疲れちゃうよ!後者は省エネモードでいられてストレスを緩和できるけど、マイペース過ぎて周りに合わせられないんだ!

    ぴよぴよ(なるへそ)!

    こと口臭のことで言えば、睡眠中だけではなく『黙り込んで口を閉じているだけ』でも唾液の分泌量が減るわけだから、休息モードが多い人には、そういうデメリットもあるっていうことを覚えたいね!

    ぴよぴよ(うーむ)!

     

     

    この章のまとめ
  • 口臭や歯周病菌の原因菌は、夜間の就寝中に活発に増殖する。
  • 黙り込んで口を開かないだけで、唾液の分泌が低下し雑菌が繁殖しやすくなり、臭いが増していく。
  •  

     

    よく噛んでよく唾液を出す

     

    また、よく噛んで食べるとたくさんの唾液が出る。人間の唾液は、以下の3つの唾液腺から出る。

     

    3つの唾液腺
  • 耳下腺
  • 顎下腺
  • 舌下腺
  •  

    ここからは免疫グロブリンが分泌され、これによって免疫力が高くなると言われている。赤ん坊はこの免疫グロブリンの量は少ないのだが、その代わりというのか、唾液をいつもダラダラと出している。この唾液が体の中に悪いものが入ってこないように防御してくれているのだ。

     

    口臭対策

     

    また、唾液には虫歯や歯周病予防にも力を発揮するが、その成分には皮膚や骨、脳など全身の細胞の新陳代謝を促したり、気力や活力を生み出したりと、心身のさまざまな機能を若返らせる『パロチン』という唾液ホルモンが含まれることがわかっている。また、『ペルオキシダーゼ』という成分には、発がん物質によって産生される活性酸素を抑える働きもある。

     

    さらに、食べ物をよく噛むことで唾液の分泌は通常時のおよそ10倍になるといわれているが、噛むという動作は、以下のことに対してポジティブな働きとなるため、積極的に噛む回数を増やしていきたい。

     

    噛むことによってポジティブになること
  • 顔の肌や粘膜のコラーゲン
  • 骨のカルシウム
  • 口周りの筋肉
  • 肥満の解消
  • ストレスの解消
  • アンチエイジング
  • 認知症の予防
  •  

    口臭対策

     

    ニワトリ

    よく噛むっていうことは、こういう様々なメリットがあるんだね!だから、ちょっとくらい食べるのが負荷がかかるくらいの食事が、本当は健康にとってちょうどいいってことだね!美味しさ、利便性が高まるのはいいけど、あらゆる健康面が劣化してしまうことは避けたいね!

    ぴよぴよ(硬いものを食べると顎も丈夫になってシャープになるっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 赤ん坊のよだれは、体の中に悪いものが入ってこないようにする防御。
  • 食べ物をよく噛むことで唾液の分泌は通常時のおよそ10倍になる。
  • 噛むことによってポジティブになることを確認する。
  •  

     

    スプーン一杯の大便

     

    人間は、朝起きたら口の中に『スプーン一杯分の大便』と同じ量の細菌が繁殖しているといわれている。朝起きて、誰かにキスをするということはエチケットとしてやめた方が良い。

     

    歯周病は感染病。細菌感染する。つまり、キス同士でも細菌が移るのだ。水で丁寧にうがいするだけで、90%は落とすことが出来るというので、必ずうがいをしたい。また、口の中にいる細菌は、ほぼ全てが唾液で飲み込まれ、胃の中の胃酸で消滅してしまうので、水を飲んでしまってもいいだろう。

     

    口臭対策

     

    著者の場合は徹底していて、口内環境を整える為に、まず起きたら『ピュオーラ』でうがいをする。アルコールが入っていないこのうがい薬は、長年愛用しているが、とても有効だ。そしてその後で、水でうがい(ブクブク、ガラガラ2つ)をし、完全に洗浄された状態で水やお茶を飲む。これでほぼ口の中に繁殖された細菌は消えてなくなることになる。もちろん口臭問題も解決だ。

     

     

    こういう洗口液を使う場合は、アルコール入りのものを避けるようにしたい。アルコール成分の入った洗口剤でうがいをすると、口の中の水分が奪われて乾燥してしまうからだ。

     

    また、洗口液には抗菌作用があるので、口臭予防や歯周病対策のケアとして補助的に使うのはいいが、アルコールなしのものであっても口の中の常在菌を一掃するほど多用するのはあまりよくない。著者の場合は10年以上この洗口液を使っていて何も問題なく、むしろ口臭が抑えられているが、人それぞれの体質に適したやり方があるので、注意が必要だ。

     

    ただ気を付けたいのは、うがい薬では『プラーク(歯垢)』は取り除けないということだ。虫歯の予防にはフッ素、歯周病の予防として歯茎の炎症を抑えたい場合は、クロルヘキシジンという成分を含んでいるものが最も効果があるので、そのポイントを押さえておきたい。

     

    予防に必要な成分

    虫歯の予防 フッ素
    歯周病の予防 クロルヘキシジン

     

    ニワトリ

    朝起きて口の中に大便スプーン一杯分って、ちょっとそのキーワードを聞くと幻滅するよね!つまり、朝起きて彼女にキスでもしようものなら、言い方を変えると『大便の菌を移す』っていうことになるからね!目に見えないところで怖いことしてるんだね!

    ぴよぴよ(知っちゃったらもうできないっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 人間は、朝起きたら口の中に『スプーン一杯分の大便』と同じ量の細菌が繁殖している。
  • 歯周病は感染病。細菌感染する。つまり、キス同士でも細菌が移る。
  • 水で丁寧にうがいするだけで、90%は落とすことが出来る。
  • 口の中にいる細菌は、ほぼ全てが唾液で飲み込まれ、胃の中の胃酸で消滅してしまうので、水を飲んでしまってもいい。
  • うがい薬では『プラーク(歯垢)』は取り除けない。
  •  

     

    賢い人は胃酸の力を利用している

     

    ちなみに、『口の中にいる細菌は、ほぼ全てが唾液で飲み込まれ、胃の中の胃酸で消滅してしまう』ということだが、2017年の最新情報では、医師たちが大勢の患者を診ても風邪に感染しない理由は、徹底した衛生対策もそうだが、それよりも『よくお茶を飲む』ということだという。つまり、

     

    口から侵入した細菌を、全て胃の中に流し込み、胃酸で殺してしまう

     

    という対策を取っている為、彼らが風邪をひくことはないというのだ。

     

    口臭対策

     

     

    ニワトリ

    言った様に、水でうがいをして、あるいは水を飲むだけでも口臭効果にはなるよ!水分補給をすれば唾液の分泌量にも繋がるし、また、水で細菌を流し込んで、胃酸まで持って行ってしまえば、大体の菌はそこで死んでしまうんだ!胃酸の力は思ってる以上に強いんだね!

    ぴよぴよ(がんばれ、胃酸)!

     

     

    この章のまとめ
  • 医師たちが大勢の患者を診ても風邪に感染しない理由は、『口から侵入した細菌を、全て胃の中に流し込み、胃酸で殺してしまう』という対策を取っているから。
  •  

     

     

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    ワキガ

    ワキガ

    ワキガのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP